このページの翻訳:

環境都市工学科では,こちらに紹介する施設・設備を教育・研究に活用しています.

建築関連

構造・コンクリート関連

水理・衛生関連

  • 可変傾斜水路

地盤関連

力学的な試験装置

  • 三軸圧縮試験装置
  • 圧密試験装置
  • 一面せん断試験装置

三軸圧縮試験装置

圧密試験装置

一面せん断試験装置

地盤の強さ・地盤沈下などのメカニズムなどについて学び,地すべりや地盤改良などの対策に応用することを目指しています。このため,授業と並行して3年生と4年生の実験実習で土の基礎的な性質を知る実験と,土の強さや柔らかさ調べるための力学的実験を行っています。

測量関連

  • トータルステーション 10台
  • セオドライト(トランシット) 10台
  • オートレベル 10台
  • アリダードセット・平板 10組

測量は,道路・ダム・橋・建物などを設計通りに作るために必要不可欠な技術です.

1年生と2年生の実習でこれらの測量器械を扱う技術を身に付けるとともに,1年生・2年生・5年生の講義で理論を勉強します.

その他

これら以外にも,情報処理センター(平日夜7時までパソコンが利用可能)や図書館(平日は夜8時まで,土曜日は夕方4時まで開館.自習に最適)など,他学科と共通で使用する学習環境も充実しています.

このページの翻訳:
facilities.txt · 最終更新: 2015/04/03 11:10 by masuda
Powered by PHP Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0 Valid HTML5