このページの翻訳:

環境都市工学科の授業科目は,基本的に(1)専門基礎科目(2)水,土,コンクリート,構造などものを作る力学に基礎をおく建設工学系科目, そして(3)環境衛生・計画・建築系科目の三つから構成されています.低学年では一般教科に加えこれら三分野の基礎的科目を学び,高学年では主として専門科目を学ぶと共に企業等での実習も単位として認定しています.

そして4年生の後期からは教員研究室に配属され, 総仕上げとして5年生での卒業研究を完成させて巣立つことになります.

各学年で勉強する具体的な授業科目は以下の通りです. 科目名が黒以外の文字で書いてある場合,クリック(タップ)すると関連する情報に飛びます.

授  業  科  目 単 位 数 学   年   別   配   当 備 考
1 年 2 年 3 年 4 年 5 年











































応用物理Ⅰ 2 2
情報処理Ⅰ 2 2
情報処理Ⅱ 2 2
建設基礎 2 2
測量学Ⅰ 2 2
基礎水理学 1 1
基礎生態工学 1 1
材料学 1 1
土質工学 2 2
基礎構造力学 2 2
構造力学演習 1 1
建築一般構造学 1 1
コンクリート構造学 2 2
ものづくり実習 2 2
基礎設計演習Ⅰ 1 1
基礎設計演習Ⅱ 1 1
意匠設計Ⅰ 1 1
意匠設計Ⅱ 1 1
建築系演習Ⅰ 1 1
建築系演習Ⅱ 1 1
建築系演習Ⅲ 1 1
設計製図Ⅰ 1 1
設計製図Ⅱ 1 1
環境都市工学実験実習Ⅰ 2 2
環境都市工学実験実習Ⅱ 2 2
環境都市工学実験実習Ⅲ 2 2
基礎研究 2 2
卒業研究 9 9












応用解析Ⅰ 2 2
応用解析Ⅱ 2 2
応用物理ⅡA 1 1
計画数理 1 1
測量学Ⅱ 1 1
都市環境工学 1 1
水理学 2 2
環境衛生工学 2 2
都市計画 2 2
環境アセスメント 1 1
建築デザイン論 2 2
建築史 2 2
地盤工学 2 2
構造力学 2 2
鉄筋コンクリート工学 2 2
鋼構造学 2 2
耐震工学 1 1
建設施行論 2 2
環境都市工学応用実験Ⅰ 1 1
環境都市工学応用実験Ⅱ 1 1
修得(開設)単位小計 81 8 10 14 28 21






履修
単位
校外実習A 1 1
校外実習B 2 2
環境工学 1 1
学修単位 応用解析Ⅲ 1 1
室内環境工学 2 2
建設法規論 1 1
交通工学 1 1
水工学 2 2
建設設備 2 2
開設単位小計 13 4 9
修得単位小計 6以上 6以上
専門科目開設単位合計 94 8 10 14 32 30
専門科目修得単位合計 87以上 8 10 14 28 21 必修科目
6以上 選択科目
一般科目修得単位合計 80以上 24 25 18 7 4 必修科目
2以上 選択科目
修得単位合計 167以上 32 35 32 35 25 必修科目
8以上 選択科目

このページの翻訳:
learning.txt · 最終更新: 2015/04/03 11:09 by masuda
Powered by PHP Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0 Valid HTML5